バイアグラを服用される際の併用禁忌のご説明します。

バイアグラの併用禁忌について

バイアグラの投与禁忌症例
@バイアグラの成分に対して過敏症のある患者
A硝酸剤(ニトログリセリン硝酸イソソルビド等)あるいは一酸化窒素供与剤(ニコラジル等)を投与中の患者(内服、注射、湿布薬、舌下錠等)
B心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者
C重度の肝機能障害のある患者
D低血圧の患者(最大血圧が90mmHg未満、最小血圧が50mmHg未満)、または治療による管理がされていない高血圧患者(安静時収縮期血圧170mmHg以上、または安静時拡張期血圧100mmHg以上)
E脳梗塞、脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヶ月以内にある患者
F網膜色素変性症患者

 

バイアグラの慎重投与例
@陰茎の構造上欠陥(屈曲、陰茎の線維化、ペロニー病等)のある患者
A持続勃起症の素因となり得る疾患(鎌状赤血球貧血、多発性骨髄腫、白血病等)のある患者
B出血性疾患または消化性潰瘍のある患者
C高齢者(65歳以上)
D重度の腎機能障害(クレアチニン・クリアランス30ml/min未満)のある患者
E肝機能障害のある患者
F非特異的チトクロームP450 3A4阻害薬剤(シメチジン等)、特異的チトクロームP450 3A4阻害剤(エリスロマイシン、ケトコナゾール、イトラコナゾール等)、チトクロームP450 3A4誘導薬(リフアンピシン等)を投与中の患者
G降圧剤(アムロジピン等)を服用中の患者
Hメラニン親和性を有し、目に影響する薬剤(フェチノアジン、フェニトイン、クロロキン等)を服用中の患者
I血管拡張剤カルペリチドを服用中の患者
日本性機能学会「シルデナフィル(バイアグラ)処方に関するガイドライン」より
上記のような人は、バイアグラが使えないというわけではありませんが、慎重に用いる必要があるとされています。

 

バイアグラ処方承諾書
@私は、バイアグラについて医師より十分説明を受けました。患者服薬指導用冊子を受け取り、よく理解することが出来ました。
A私は医師に過去と現在の病気について正直に話しました。
B私は、現在使用している薬(飲み薬・舌下薬・貼り薬・注射・吸入薬等)についてすべて医師に伝え、不明な薬はありません。
(私の使用している薬は患者服薬指導用冊子の硝酸剤リストに載っていないことを確認しました。)
C私は、他の診療科・医療機関を受診する時、バイアグラを服用していることを医師に伝えます。
D私は、バイアグラの服用をパートナーに予め伝え、体調不良になったら医師にバイアグラの服用が確実に伝わるようにしておきます。(心臓発作時、救急医療機関では、真っ先に硝酸剤が使われるので危険です)
E私は、バイアグラを他の人に渡しません。
F私は、常用量(1日1錠)を守り、効果がなければ医師に相談します。
G私は、バイアグラを不倫や性交の強要に使いません。
H私は、健康チェックで問題が発見されればバイアグラの服用を諦め、他の心療法を選択します。
I私(妻)は、患者服薬指導用冊子の内容を理解し、夫がバイアグラを服用することに
同意し、問題(性交痛その他)があれば医師に相談します。


ホーム RSS購読 サイトマップ